肌荒れ コラーゲン

肌荒れを解消するコラーゲンの効果の秘密は?

肌荒れは何が足りないのか

気がついたら肌が荒れている!

 

肌荒れに悩む女性は多いんですよね。

 

もちろん肌が荒れてくるのは加齢が原因のものもあります。
コラーゲンや水分は加齢とともに失われていきますので
肌荒れの原因になってしまうのです。

 

コラーゲンやプラセンタが配合されたスキンケアを使っている方も
いると思いますが、できるだけ食事で補ってあげたいものです。

 

しかしコラーゲンを積極的に摂取するってなると
太りやすいものばかりになってしまうので体型を気にする方は
カロリーが気になりますよね。

 

そこで気にせずコラーゲンを摂取するとなればサプリメントが
いいと思いますよ。

 

例えば、うるおいの里の肥後すっぽんもろみ酢やすっぽんスリム酵素などのすっぽんサプリがおすすめです!

 

すっぽん配合のサプリメントなどはコラーゲンが豊富なので
飲んで1週間ほどで肌荒れが劇的に改善したなんて報告も多いのです。

 

コラーゲンや水分不足で肌はどんどん老化してしまいますので
対処法としてはサプリメントの摂取、適度な睡眠時間、ストレス緩和策が
必要になってきます。

 

睡眠は美容にとってはとても大切です。

 

肌のターンオーバーは夜寝ている間に行われますし
すとれす過多になっているとホルモンバランスが崩れて
ニキビができる原因になってしまいます。

 

肌の状態を改善するためには規則正しい生活習慣と
食事内容を徹底して見直すことが大事なのです。

 

 

コラーゲンは塗っても効果なし!

コラーゲン入りの化粧水を使っているから肌荒れ対策はばっちり!

 

そう思っている方も多いと思います。

 

コラーゲン配合の化粧品はたくさんありますが、実はコラーゲンは浸透しないのです。

 

コラーゲンの分子はとても大きく、肌の奥(真皮)にまで達することはできません。
同様にプラセンタなども同じです。

 

シミなどを消すといわれている成分も真皮にまで届かなければ意味がありません。

 

化粧品の説明書などを確かめてみるとわかるのですが、説明書には
浸透とは、角質層までをいいますって書いてあります。

 

角質層は肌の表面の皮膚膜の次にあるものです。
当然表皮に含まれます。

 

表皮の下に真皮がありますが、表皮は上から順番に
皮膚膜→角質層→顆粒層→有棘層→基底層と続いています。

 

顆粒層〜基底層をつきぬけて真皮にまで化粧水に含まれる成分は浸透しません。

 

コラーゲンやプラセンタなどは肌に塗っても意味がないことがわかります。

 

もしも簡単にコラーゲンなどの分子量が大きいものが真皮にまで浸透するとなれば
他の有害物質も簡単に肌の奥底の真皮にまで達してしまうことができる話になります。

 

肌にはバリア機能があり、このバリア機能をすりぬけて
肌の奥底にまで浸透するのはあり得ない話なのですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ